IMAGON 4

旧携帯のラインアプリのデータが飛んでしまったため、現在一部の方とラインで連絡できません。ご了承を。

新・映画ノート 16

水谷豊はよく知らない人だけど、ドタマツルギーじゃない、ドラマツルギーをよく分かっている人だと思ったわん!80年代にスティーブン・パトリック・モリッシーが率いたthe smiths は、ワタクシが人生でもっとも聴いたバンドサウンドであります。ひ弱、女々しい、という形容がある反面、美しい、批評精神に溢れる、という形容もあてはまります。いずれにしても私のsmiths 好きは全曲作曲したジョニー・マーに負うところが多いと思われます。だってモリッシーのソロつまんないんだもーん!(以下はTwitterより転送)

 

 

 

◼️轢き逃げ  水谷豊

@渋谷ユーロスペース

 


なかなか面白かった。犯人が取調室でメガネをボリボリ食う演出とか…動物の目をコラージュして脅迫文送るとか。古典的なドラマツルギーだけど、脚本=筋運びを作動させている論理形式がしっかりしている。モトコー(元町高架下)を走り抜けるシーンが。

 


男性間の嫉妬関係がもたらす優越/劣等の転覆欲、劣が優を刺して超越化するプロセスに、水谷豊がアマチュア警察化していきながら捜査をすすめる流れも良かった、

 


観客は刑事の視線をトレースしつつ話を楽しむ。そして観客の視線それ自体が刑事化してゆくという転移現象。「真の犯罪動機」は何か?  物語にノラせる巧妙さはこの転移をベースに持つ。ま、神戸系べっぴんさんとかに向けられた無意識の視線もたっぷりベースにあるけど。

 


犯人が最初からわかってる映画ってヒッチコックの  間違えられた男が面白かったけど、捕まる手前ビクビクしてるの見てる傍観者の視線、、けど轢き逃げはもう1回ひねっているところがお見事。

 

f:id:imagon:20190616135253j:image

 

 

 

 


◼️イングランド・イズ・マイン〜モリッシー、はじまりの物語  マーク・ギル

@渋谷シネ・クイント   

 


ムーア殺人事件はマンチェスターで実際起こった事件で、サファー・リトル・チルドレンという名曲の歌詞素材になっているんだけど、その曲が結局鳴らず、ミート・イズ・マーダーっぽいリフをマー役が弾く、

 


のは納得できずで、かえってイライラ、、スミス前身バンドといっていいのか、ノースリーブスがラッシュホーム・ラフィアンズの原型曲をやっていたのにはイライラはしないが、特に感激もしない、、ロングショット完全抜きの閉塞感表現は意図見えすぎて逆に白ける、、よかったのはモリッシーのガーフレ

 


関係のバリエーションで、リディア・ランチ風の女子が良かった、、女装嗜好、ニューヨーク・ドールズファンクラブ会長表現が皆無だったのは残念といえば残念、、次はどこかでいつかあるだろうマザコン映画祭で見てみたい、、あと、映画見てて顔が痒くなるのはなぜか?それはホコリが原因?

 

 

f:id:imagon:20190616135305j:image

新・映画ノート 15

ジョナス・メカス

ウォールデン

1969

シアター・ イメージ・フォーラム

 

子供たちは、今すぐメカスごっこをするべきだ。

純然たる機械眼、遊戯眼、逆説眼。

(以下はTwitterより転送)

 

 

表参道に移動、@イメージフォーラムジョナス・メカス  の ウォールデン   メカスは何回も見てるので、たいしたこと思わんだろうと…が、ビリビリくる多感感激の中で3時間、シューマンピアノ曲好きってのは何か?と、ボンヤリ考え中、あと、いったんトランスにもってくねあれは癖かな

 

 

メカスの日記映画だけど……途中何回か、,,メカスは60年代末(ウォールデンは1969)にTwitterFacebookもインスタグラムもブログも映画的にやっていたのだ! と思ったのは確か、、

 

 

WW2後のニューヨークスクールから60Sマチューナス番頭のフルクサスを経て……いう系譜の中からリトアニア移民のメカスが出てきたことは、移民から出てきたロスコと対応できそうだけど、メカスの映像の肌理はむしろポロックぽいな

 

 

ウォールデンとは、確実にヘンリー・ソローの 森の生活 (10代に読んだ)から来ていて、映画の中にギンズバーグが出てきた時点でふうん、やはりそうか、と思うしかないんだけど、映画自体はバッキバキの感覚刺激で、反癒し系(反ヒッピーイズム)、、森の生活に着地できなさがまあ面白いし、そこを

 

 

 

見なきゃとは思うね、なんだかんだリトアニア‐ヨーロッパ人のメカスを捨てきれず、シューマンピアノ曲も5曲くらい使用してて、あと、映像系ダダイズムの権化のようなハンス・リヒター宅に訪問したり、(あとブラッケージ宅にも訪問)、完全アメリカナイズすれすれ感が面白い、、ま、ラストリールで

 

 

レノン&ヨーコのギブ・ピース・ア・チャンスに持っていくのは、アンビバレンスだと思ったけど、戦争被害者のアウトローストレンジャー、のメカスならではのセレクトだと思ったけど、雨降って来たので帰る!!

 

 

ふだん映画館でグッズとか買わないけど、今回はめずらしくポスター、

 

f:id:imagon:20190529212456j:image

f:id:imagon:20190529213145j:image

第4映画 #8

 
f:id:imagon:20190521175742j:image

ハンセン病については、あまり知らなかった。もう20年前ほどだが、一度奈良のハンセン病病院の廃墟を見た(連れあいにそう告げられた)。中には入れなかったし、時間もなかったので、通りすぎだだけも同じだ。しかし、その一瞬に近い遭遇(出会い損ねとしての出会い)は記憶の底の底に残って、さんさんと光が降りる林の深い緑にぼんやりと確認できる古病棟の映像だけは脳裡に残っていた(いわゆる残像)。

2018年に清瀬市の病院街に行った。ここは東京都が意図的に設けた隔離病棟が林立していたという歴史がある。雰囲気は決して明るくはなく、人もあまりあるいていない。店舗もなく、点在するバス停留所がその存在をもてあますように佇んでいた。その時、清瀬市在住の連れあいに案内してもらった多磨全生園は衝撃的だった。おそらく日本国内ではいちばん規模の大きいハンセン病施設なのではないだろうか。

その施設は一種のハンセン病患者の自治都市のようになっていたらしく、その残骸が散見された。神社、寺、教会、園内の公衆電話ネットワーク、そして集合住宅、病棟。(映画館や消防所もあった)。園内に資料館があり、そこがまた充実したところだった。江戸時代か、あるいはもっと前から「お遍路」という長い月日を歩く修行があるが、むかしのハンセン病患者は(もちろん当時は癩と呼ばれていた)自己救済の宗教的儀礼(お遍路を続けると癩が治ると信じられていた)として行脚をつづけていて、その衣装が一番目に飾られていた。あと展示資料は300点以上あり、とてもじっくり見切れるものではないが、そのなかでいちばん印象に残ったのは、包帯を巻き取る機械だった。直径3メートルほどあり、それがハンセン病患者の皮膚崩壊の甚だしさを物語っていた。宮崎駿監督の「もののけ姫」(1997)には包帯を巻いたハンセン病患者が、たたら製鉄(今でいう鉄工所)で働いているシーンがある。あと、ここに書き切れるものでもないので割愛するが、興味ある人は一度足を運んで欲しい。

#8についての説明は、またの機会に譲ろうと思う。これは説明のいる小品なのだ。

 

 

 

 

f:id:imagon:20190516224451j:image

f:id:imagon:20190516224504j:imagef:id:imagon:20190516224516j:image

f:id:imagon:20190516224528j:imagef:id:imagon:20190516224542j:image

f:id:imagon:20190516224604j:image

 

https://youtu.be/ABSjvZfDLGc

 

新・映画ノート 14

レディ・ガガのすっぴん顔見たい人は、充分に楽しめる!音楽的にどこがいいのか、さっぱりわからないけど、マイノリティの味方だということはよくわかった。(よくある意見? )

 

ブラッドリー・クーパー

アリー スター誕生 アンコール

2019

@下高井戸シネマ

 

 

前半まあまあ良かったけど、やっぱり長すぎる感が。長さの必然性が。あとシネスコサイズふたり(ガガとブラッドリー・クーパー)がくっつきすぎで画面がずっとベターとしてる。もちろん誉め点もいっぱいあったけど。そしてガガが一瞬イエス(プログレ)のTシャツ着ててなんで?と思った。今日はここまで。

 

映画監督のウィリアム・ウェルマン(小説家の松浦理英子が、というか、も、一時期誉めていた映画監督)が1932年に原作となるものを書いて以来今回4回目の映画化で、これは一種のアメリカにおける反復強迫フロイト)の一種なのだと捉えるのは手っ取り早い。

 

文字通り★starはアメリ星条旗における★でもあり、平俗に言って、成功すること=スターであり、国内的には電通投下概念による「勝ち組」ということになるのだろう。しかし、ガガのそれはたんなるショービズ的成功志向のそれとは一線を画していることはまずもって強調しておいてもよい。

 

 

 

f:id:imagon:20190505102751j:image

新・映画ノート 13

新・映画ノート 13

 


◼️

ペリー・ヘンゼル

ハーダー・ゼイ・カム   

1973

 


最初は 小嶋さちほディスク・ジョッキーのNHKFMの 軽音楽をあなたに のレゲエ特集かなんかをmaxellのUD2(カセットテープ)にレコード(録音)したもので聴いていた。そのなかでクリフの数曲がオンエアされた。といっても高校2年のあたりなのでもう昔話だ。このカセットテープこそを残しておくべきだったと思うが、世田谷にあるNHK アーカイブで視聴できるのか。というかそもそも当時のラジオ音源は資料として残してあるのか、わからない。NHK サウンドストリート坂本龍一(または民放の不思議の国の龍一の坂本龍一)あたりはYouTubeにアップロードしてあって、アーカーブのシェアリングというのも、ここ数年は流行りそうである。クラシック・レゲエ(現地でロック・ステディ→スカ→レゲエと発展して一応80年代まで国内で流行)は音楽的にはたいして面白いわけではなく、どちらかというと、イギリスからの植民地解放→独立(1962)以降、一神教的な信仰の対象としてジャマイカに大衆化した、つまり宗教音楽として大衆化したものが日本に輸入されて、なぜかポピュラリティを得た、というのが面白い現象である。裏返せばキリスト教芸術としてのバッハやモーツァルトからハイレ・セラシエ1世信仰としてのレゲエ…(有名どころでは、ボブ・マーレー、ピーター・トッシュ、ジミー・クリフ)が、暴力的に連続していると(半ばバーチュアルに)捉えるとなおさら面白い。もちろん社会システムはちがえど。

 

レゲエ音楽演奏-聴取と民間宗教(またはラスタファリ運動)が密接に結びついていたケースは近代の世俗音楽シーンではレゲエくらいなものではないだろうか。

 

そういうことを改めて視聴覚において確認できる映画が、ハーダー・ゼイ・カム というわけではないが、当時のジャマイカ社会を知る上でも刺激的な内容だった。

 

 

 

f:id:imagon:20190505103222j:image

 

 

◼️

佐藤純弥 

新幹線大爆破

1975

(以下はTwitterより)

 

◎パニックというより、サスペンス。シナリオ構築しっかりしていて、面白すぎて途中で切って寝た。高倉健のねじれたペシミズムが相変わらずいい(現代劇の方が見ててしっくりくる)、社会のはみ出しものが集まって…という転覆ものだが、犯人の一人はもと三里塚闘争に関わっていたという設定 、

 

◎残り視聴。シナリオが良すぎて、高倉健が「ギャラ半分でいいから」と出演したらしい。ラストは健射殺のネガポジ反転のスローモーション。「ヤバい!間に合わねえ!」の連続で成立している有限リミット・ドキハラ・パニック・サスペンスwith 新幹線の高速轟音、人に安心してすすめられるぜ映画かも

 

f:id:imagon:20190505103239j:image


f:id:imagon:20190511065459j:image

 

 

第4映画 #6

天皇即位のニュースの裏側では、南米北端の国、ベネズエラのカラカスで大統領打倒のクーデターが起こっていた。ベネズエラの惨状について知る者も多いと思うが、2018年の時点で、国民の一割、つまり10人に1人がコロンビアなどの近隣諸国へと移民として向かう。途中で死ぬものも多いと聞く。表向きは社会主義のこの国では、大統領の汚職や失政からハイパーインフレーションの事態が起きそれが長引くこととなった。ついに紙幣になんの価値もなくなるという事態が起き、まさに国民は金が落ちていても見向きもしないのだ。石油埋蔵量が世界一のこの国で、なぜこんなにひどい事態が続かなければならないのか。そこで民衆蜂起へと国民が向かった。ちなみにもっとも主要な債権国は中国である。このニュースを受けて「第4映画#6」は制作された。

 

f:id:imagon:20190503111912p:imagef:id:imagon:20190503111919p:image

 

f:id:imagon:20190503111747p:imagef:id:imagon:20190503111940p:image

f:id:imagon:20190503111627p:imagef:id:imagon:20190503111639p:imagef:id:imagon:20190503111648p:image

f:id:imagon:20190503111735p:imagef:id:imagon:20190503112012p:image

https://youtu.be/cHbSqN_Al4M