imagon

記録

お化粧ノート 1

つい先日のことですが、髪につけるムースとジェルが欲しくなり、とりあえず駅前のよくあるドラッグストアに向かいました。でもヘア用品を含めた男性化粧品を扱っているコーナーは女性ものの1割くらい。前から思ってるけど、どうしてこんなに少ないの?

それに銘柄もなんだか聴き飽きたものばかり。ギャッツビー、ルシード、ニベア……それに比べて女性ものの化粧品の銘柄はもっとありそう。国産だけじゃなく、輸入ものも含めたら目が回りそうなくらいあるでしょう。(クルクル〜)

 

さて、結局ギャッツビーのヘアムースとマンダムのジェルを購入して帰ったのですが、使ってみてもぜんぜん満足いきません。なんだかまったくときめかないのです。「男性化粧品なんて狭い世界の話!もっといいものがあるはず!」

 

とるもとりあえず愛車のランドナーを飛ばして調布駅前のパルコへ。ちょっと勇気を出して女性ものオンリーぽい化粧品店に入って店員さんに聞きました。「男性ものの化粧品ってありますか?」「どういったものをお探しでしょうか?」「あ、ヘアムースとジェルが欲しいんです。」

 

新人らしい店員さんは先輩格の指導を仰いだうえで、私をヘア用品コーナーへ。「こちらがワックスで、こういったものなら……」と小柄な店員さんは手に取って私の方に向けます。

 

「これべつに男性が使ってもおかしくないですか?」「ええ、ぜんぜんおかしくないですよ。」「そうですか。」おもむろにワックスのフタを開けて匂いをクンクンしてみました。なんていい香りだこと!、、

 

「あ、こちらにもいい商品がありますよ。ヘアムースじゃないんですけど。」店員さんはわたしを誘い別の棚へと誘導しました。なんだか、ワクワク 。

 

「これ今、人気なんですよ。」「へええ……琥珀色のこの容れ物いいっすよねー。」「美容院によく置いてあるやつなんです。」「そうですか。」店員さんはテスターをわたしに「どうぞ」と言って手渡しました。キャップをあけて、プッシュ!ぷしゅー。

白い泡の肌理がちょっと荒くて見た目いまいちだったのですが、手に載せた感じのテクスチャーはかろやかでまろやか。そしてまた匂いをクンクン嗅いでみました。「マジで?なんてすばらしい香りだこと!」

 

そして即効購入を決めました。なんだか心踊ってべつにいらないのにTSURURIというモロッコ産のガスールが入った洗顔料とムスクの香りのTAMANOHADAのボディソープ(no.2)も購入しました。どちらも国産です。

 

帰宅して紙袋の中身を確認してみますと、なんと!  ALBIONのパフとファンデーションのサンプル、そして男性用のシャンプー(やっぱりデザインがクールな男性像を押しつけていていまいち)のサンプルが入っているではありませんか!

 

次の日、YouTubeでお化粧動画をたくさん閲覧しました。  (おわり)

 

 

メモリーメイトno.4(アメ横)

御徒町駅から上野駅までアメ横を通って歩いた。 途中で迷わず、歩を迷わすことなく歩くことをこころがけた。すると何かが見えてくるような気がする。ゴミらしいゴミを撮影するならまずはここだろう。営業後の20時30分あたり。(あと土星と鉄骨建築……ベンヤミン)。

メモリーメイト no.3(鳶職人)

建物は立つ。立たなければならない。ということは風に吹き飛ばされてはいけないということ。建物の一定時間の持続。賃料、更新料、などはその「建っている時間」を前提している。時間の確保、時間の保証。そのための建物の持続的強度。建物が立方体であり、一定の容積を充填している限りにおいて、垂直性の確保が確実になさればならない。それをどうするか。一方の水平性の確保は土地の面積から出発している。容積、体積とは水平性に加えて垂直性の決定に関わることだ。平屋にするか、2階建てにするか、3階建てにするか、という高さ―垂直性の実現過程。

 

(※)

 

万有引力に従った落下事故。そこで仮設材が要求される。仮設材を組み立てるのは鳶職人である。

メモリーメイト no.2(前科7犯の男)

前科7犯の男、彼は韓国人。7つのひとつひとつを私は知らない。韓国で人を殺して日本へ。そのひとつは聞いた。あとは酒乱、暴力沙汰。日本名で○○と名乗っている。アルコール中毒で精神病院を何回か出入り。感情の強さ、激烈さ。彼曰く「声のおっきいヤツには悪いのはいない。声の小さいのに悪いのは多い」。彼の声は大きい。ところ構わず。……他方、日本で蝶ネクタイブームを作ったという。自ら。他社に追い抜かれ、倒産、その十数年後、私と会う。

メモリーメイト no.1 (プラスティックの焼けたにおい)

1.プラスティックの焼けたにおい、

    最初の真夜中、そこは 老いた川のそば.、(若さのなかの)最初の出来事が起こった場所……14歳、原動機付自転車、ハンドル中央部、剥き出しになった配線……算盤塾の前の公園、プラスティックの焼けたにおい、