架空庭園の書 7 (恐山行き5)

恐山に関する記述はつづく 恐山といえば イタコである イタコ というその聞き慣れているが 実態のわからない あった事のない 誰か 何か 誰がそのように名付けたのかさえわからない (タコ というシニフィアンから 八戸でたこ焼きをけっこう食べてしまった の…

架空庭園の書 6

論理学に数学が紛れこんでいる というよりも 数学に論理学が紛れこんでいる 断定や仮定 である であるならば など p.q その他 など 記号におきかえても それは意味論的には成立する 問いと答え という これ自体が数の外側にあるのだ 数自体の外側にある 数ー学

架空庭園の書 5 (恐山行き 4) )

気づいたことがあった 恐山菩提寺は円仁(エンジンではなくエンニン 794年 現栃木県生)によって創建されたという そこに本尊である<地蔵菩薩>が祀ってある建物がある 賽の河原から極楽湖へ つまり巡行ルートの歩を始めるにあたっての最初の門ということだ…

今後のロケハン 備忘

https://ameblo.jp/edwarddelon/entry-12725576683.html

架空庭園の書 4 (恐山行き 3)

楽しんでやる やらない 苦しんでやる やらない いずれにしても ある程度 楽しくやらないと 続かないだろう この ある程度 全ては 程度 の 問題 ものを作っている人の こころは ものを作っていない人の こころからは 見えない ものを作っていない人のこころに…

架空庭園の書 3(恐山行き 2)

憑依するものと憑依されるものは 意味するものと意味されるものの 関係に 近いのか 一枚の紙の裏表 ウラオモテ ヤマネコ ではなく イリオモテ ヤマネコ 憑依されることの弱さと強さ それは強さではない 余裕というべきなのかもしれない 全ての生命は保守であ…

架空庭園の書 2 (恐山行き)

結局は、肉は腐り、ただれ落ちるだろう 眼球はバゼドー氏病患者のように飛び出し 骨があちこちから肉を食い破っている おお聖なる肉体 聖なる病 ただなぜか流血はない 内出血、鬱血、は血の流れをあらたに察する装置 唇の裂開はなぜ起きたか 唇の内出血はな…

架空庭園の書 1

一箇所の痛みは複数の痛みを隠す。 痛みがある。そこに集中する感覚。 本当はあちこち痛いとする。複数の痛み。 一つの痛みは一つの痛みである、と一つの痛みは言う、あるいは叫ぶ、あるいはつぶやく。 無数の毛穴は肌感覚のバランスを保っている。 表層とし…

Test

Test

クランクイン

タイトルも決まってない キャスティングも残っている状態で 撮影初日を迎えました 感謝 風は強い 秒速5メートルの砂埃のなか ポエジーと自由を見つける パレスチナ、ガザの行方 歴史の真の終わり、その歴史

postex

https://twitter.com/METAPHONE3/status/1765574945529270741?t=8fOEJZNVilpcxDsGPYpjfg&s=19

postex

https://twitter.com/METAPHONE3/status/1765707094962106641?t=EfLGX3ryqmeOtz9ToiS75Q&s=19

postex

https://twitter.com/METAPHONE3/status/1765710334231494963?t=zruYfPqosQINCK8Bgmo66A&s=19 追記) 「それ」を凝視として誰がどのように判断したのか?実行者を実行者として見なした者はなにか?肉眼か?監視カメラか?子供を守るシステムか? 参考) 日本不審…

スタッガ・リー

サブ・スクリプションでだらだらと音楽をたれ流しているなか 16ビートの初発だと言われているジェイムス・ブラウンの「コールド・スウェット」 を経由して スタッガ・リー という曲が出てきて JBもやっていたか、とTV番組の演奏の映像があったので見入る ス…

ひさびさにライブ

用事もあって高円寺のFourth Floor 2にひさびさに足を運ぶ ドラムソロの人 まずドラムソロというスタイルがすばらしい これだけでも十分すぎるくらい何かが成立している 鳴り物(シンバル)と叩き物(太鼓)の 差異が、明瞭になる 強く叩けば音が大きくなる とい…

映画ノート ゴダールの遺作「奇妙な戦争」

3月の冷たい雨 初日、初回に新宿まで。 前半3分ほどはサイレンス あれ?となる 冒頭の文字 黒猫を暗い部屋で見つけ出すのはむずかしい 猫がいなければなおさらだ がとても印象的 フランス語の手書き文字 練習用ノートっぽく 罫線までつけてある 罫線も手書…

火 Ⅰ 氾濫  中平卓馬写真展 国立近代美術館

メモ 中平卓馬についてはこのブログのなかでもけっこうな量を語ってきたと思う 戦後の高度経済成長期の最良の遺産 いや遺産にしてはいけないのだ 美術においてはハイレッド・センターなんかが近いスタンスといえばそうなのか 雑誌PROVOKEのページを分解して…

歯の治療が終わる

酒をのんでいない身体にどういう変化が起こっているのか こまごまとしたことをよくやるようになったかもしれない 脳の断線感はもともとあったが、それは治っているようで治っていない 歯の詰め物は新しいものになったが、やや違和感が残る レントゲン写真は…

たしかに日は長くなってきた

痛風になり、さし歯も抜けて廃人のようになりつつも ずっと部屋にいながらあれこれ 誰とも会っていない コンビニの店員や医者とは かろうじて話している というよりも眼前のその人に対して発声している 生活のこまごまとした事象がたちあらわれ 多くの整理整…

痛風が再発して、滅入っている日々

年明けてすぐに 痛風が再発 前回は夏に発作がきて 1年半前ではなく 2年半前の夏だった そうそうオリンピックの時期だった 現在14日でだいぶマシにはなってきてなんとか歩けるように ドクターストップというのか 断酒の日々で代わりにコーヒーばかり飲んでい…

「空き缶は捨てられる、人形は捨てられない」問題、問題でもないか、あえて。

さっと書いたメモを打ち直そうと思ったがめんどくさいので写真 あくまでも<三次元物理を前提している>世の中の話です

色硝子主催 「硝子色」 12/27 終了

硝子色 という映像作品を作った 色硝子のライブシーンを素材にオレなりにあれこれアレンジを加えたものだ 2023年のどう考えてもクソ暑い夏に撮影や編集をした それは 9月に上映したが バンド 色硝子 のメンバーも大いに気に入ってくれたようで オレも嬉しか…

ロケハン 撮影場所の選定

ロケハンというか撮影場所の選定。あるコンセプチュアルなアイデアを思いつく。一言で言えば「脱‐風景志向性」を導入。ある重要人物との絡み。

再開

キャンプブームが下火になっているもようなので再開しようかなと、旅キャンプ用ちゃりを再購入。これからリアキャリアつけるんだけど、なかなかいいフォルムだと思う。買ったのは黒。

postex

世界の果てに宇宙があるという遠近感は(主語≒主人≒)「私」という超越的な視点があってこそで、これも近代文学の強力な制度だった。文法は「魔術≒マジック≒トリック」であり、空間的な事実(宇宙あっての世界あっての私)を一時的に括弧に入れる。文法は魔術で…

〈平家物語〉 三味線・韓国打楽器・琵琶 生演奏

田中悠美子 三味線 香村かをり 韓国打楽器 与之乃 琵琶 2023/11/5 club goodman (秋葉原) (演奏時間約15分) https://youtu.be/5WtJFS5zpdU?si=YDbP9u57ZHLHYEo9

postex

駅から徒歩15分ほど。暑いで〜、保田与重郎邸、外観だけ撮影させてもらった。なんと文徳天皇陵が隣接していた。なぜ後鳥羽院陵のとなりに住まなかった?という問いは残るけどな。 pic.twitter.com/46gET5Qwd7— KIOSK (@METAPHONE3) 2023年8月12日 KIOSK on X:…

postex

バタイユは「未だ使用されない」売買された兵器のことを「使い道のない否定性」と揶揄したが、それらが撮影され映像として流通することによっていったん肯定性に回付される。肯定性としていったん「担保」される、と言ったほうがよいか。— KIOSK (@METAPHONE…

postex

X