IMAGON 3

8mm film event. 3/24 wed @yellow vision (asagaya Tokyo )

■ The Beatles■ 再考察

 

 

国内のマンチェスターブームはだいたい90s半ばだったと思うが、ヒッピームーブメントの縮小版というより、中期ビートルズのもっさい解釈の域を出なかった。ストロベリー・フィールズのブレイクビーツ版(みんなキモイほど喜んで踊っていた)とか、たんに嫌いでしたワ。

 

 

初期のビートルズ、あらためて聴きなおしてるが面白い。プリーズ・プリーズ・ミーなんかぜんぶサビでできたような曲で1963年にしてはかなり斬新だったように思える。

 

 

変な喩えだけど、ロック史における「カリガリ博士」的な役割を果たした THE KINKSの1stが1964年というのもかなり驚異的な話で、1964はBEATLES FOR SALE のリリース年。ここでビートルズ初期が終わっているがここまでの楽曲分析てあんまりなされていないように思える。

 

 

 

これはポールの発案なのかな、、She loves you とか cant by me love とか露骨にサビを冒頭に持ってきて、のっけから観客を喜ばせる方法(「掴み」が上手い)だし、前奏がある曲もかなり短めに抑えてある。

 

 

国内のビートルズ需要は何回もピーク
過ぎているがジョンがヨーコにたぶらかされた時代が全体の45%はあると思うな。今後「ヨーコ・レスの時代」と「ヨーコ微妙の時代」と「ヨーコ・ズブズブの時代」と3分割して捉えると面白いんじゃないかな。さしあたりヨーコの個展にジョンが最初に出向いた日付を…

 

 

この曲で初めてオノ・ヨーコ存在を知った。小5か小6の時に(はじめての)LPのアビーロード買って聴いたがヨーコの声は入ってなかった。で、ホワイトアルバムのこの曲が初ヨーコ声聴取だと思う。レノン・ヨーコのダブル・ファンタジー発売も小5か。1980。https://t.co/MdaCSYJffW

 

 

(Twitterより転載)