imagon

記録

絵画制作ノート 2

あれもこれも やりたい というのでは ダメだと思うし 別にいいとも思う 

 

そういうことではない  そういうことではないのだ 

 

画材屋 という媒介項があり なにもかも揃っているように見えるけど それらは 芸術を限定的に 捉えやすいように 誂えてある

 

そこは良くも悪くも  豊かな世界へと向かうよう +のオーラを放っているが  先行する クリエーションの 盲目的善 イデー  懐疑の目を向けるのに たやすい 芸術のイデー 

 

多角的アングルの必要 

絵画制作ノート 1

アトリエといえばかっこがつくが そういうところを
借りることになった 漠然と 大きな絵を描きたいという思いがあり 途中で大きくなくても構わないということになるかもしれないが 試作品も含めて 10枚くらい描くだろう

思いつきはバラバラで 昨日の思いつきと今日の思いつきとでは すでにズレがあるのが 通常 それらは やはり言語(認識)の作業になるが メモ程度に書きとどめておきたく この 絵画制作ノートを 開始することにした